コルクでチョコブラウニーを作る

材料:コルク、火、電磁波

コルクは樹皮を乾燥させ粒にして加工したものが

一般的に出回っている。この加工されたコルクの

見た目はまるでクッキー生地のようである。

Cork is made from dried bark and granulated

Generally available. Of this processed cork

It looks like a cookie dough.

I decided to cook cork until I could eat it.

まず、コルクを焼いてみた。

着火剤に使われることもあるコルクはよく燃える

表面に墨っぽさがあり、テカリがある。

ただ、おいしそうではない。

First, I baked cork.

Cork, which is sometimes used as an igniter, burns well

There is a black ink on the surface and there is shine.

But it doesn't look delicious.

表面のコルク感を残しつつ、中がこんがりが理想

である。そこで電子レンジを使うことにした。​

The inside is ideally solid while leaving the surface cork feeling

It is. So I decided to use a microwave oven.

コルクに限らず、表面のテクスチャを残しつつ

内部を加熱できる​電子レンジの電磁波の仕組みは

加工手段として利用できるのではないか。

Not only cork but leaving the surface texture

The mechanism of electromagnetic waves in a

microwave oven that can heat the inside

It seems to be usable as a processing means.

ご質問等kba.koeda@gmail.com